teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. STAND UP キャンペーン(16)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:メール  投稿日:2009年11月27日(金)17時58分54秒
返信・引用
  そういえばワードファイルアップするために掲示板を新しくしました....(・ω・)

http://yica.webdeki-bbs.com/
 
 

ネパールスタディーツアー

 投稿者:imazu(顧問)メール  投稿日:2009年 6月 8日(月)11時28分28秒
返信・引用
  以下のようなスタディーツアーの案内がありました。これ以外にインドのスタディーツアーに関するチラシも届いています。希望者は今津までご連絡下さい。

<日本生協連医療部会 ネパール医療スタディツアー>
日本生協連医療部会では今年も医療に関するスタディツアーを行います。今回は依然としてアジアの最貧国の一つであるネパール・カトマンズを中心に8月23日から31日の予定でネパールの協同組合病院・国連機関・JICAなどのフィールドを訪問する予定です。日本の医療生協は長年にわたりネパールの医療協同組合と協力して人材交流や病院の支援などに取り組んできました。今回のツアーではネパールで今何がおきているのか、そして我々にどんなことができるのかを皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

【ポイント】
・国連機関・JICA・協同組合病院などのフィールド訪問
・ネパールの医療従事者・学生などとの交流
・カトマンズ・パタン旧市街(世界遺産)などの観光

場所:ネパール
日時:2009年8月23日(土)~31日(月)
費用:約22.4万円(35日前までの早期学割の場合21.4万円(東京・関空・名古屋発着)、そのほかの都市からの場合はご相談下さい
・上記費用に含まれているもの:カトマンズまでの往復航空券・航空保険料・滞在費・朝食及び一部の夕食代・交通費・現地プログラム代
・日本国内交通費、日本及びネパール空港税、燃油サーチャージ(約7000円、変動の場合があります)海外旅行傷害保険加入料・パスポート・ビザ取得費用・個人的な支出は上記費用に含まれません。
研修主催:日本生協協同組合連合会医療部会
旅行企画・実施:(株)日本エコプランニングサービス
条件:旅に適応できる体調の方、このツアーは医学・歯学・薬学・福祉等を学ばれる大学生又は医療従事者向けのものですが文系学生及び社会人の方なども参加は可能です、詳しくはお問い合わせ下さい。

問合・申込先:151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-9南部ビル2F
日本生活協同組合連合会医療部会 担当北嶋まで
Tel:+81-(0)3-3497-9177 Fax:+81-(0)3-3403-0614URL: http://www.jhca.coop
e-mail: nb_k@jhca.coop
 

外務省山田参事官との意見交換

 投稿者:imazu(顧問)メール  投稿日:2009年 5月18日(月)14時04分16秒
返信・引用
  来週27日(水)の午後2時45分から4時まで、D-101教室で、外務省国際協力局山田彰参事官との意見交換を開催します。山田参事官は、「ポップ・カルチャー外交」の推進者で、漫画、アニメ、将棋といった日本文化を広めることを進めておられます。そんな面白いお話しもうかがえるかも知れません。希望者は今津(imazu@yamaguchi-u.ac.jp)まで、出席の申込をお願いします。

(参考)山田参事官略歴:在米国大使館一等書記官、経済協力局政策課企画官、経済局サービス貿易室長、中南米局中南米第二課長、経済協力局無償資金協力課長、在イラク大使館公使、在スペイン大使館公使
 

国際シンポジウム

 投稿者:imazu(顧問)メール  投稿日:2009年 2月13日(金)12時12分2秒
返信・引用
  来週火曜日(17日)に以下のシンポジウムを開催します。
関心があれば参加してください。また、11時からの会場準備を手伝ってくれるメンバーを募集中です。

山口大学国際シンポジウム「大学の国際協力活動と新JICAとの連携」
1.日時:2月17日(火) 午後1時~5時
2.主催:山口大学  協力:山口大学国際協力活動推進プラットフォーム
  後援:国際協力機構(JICA)中国国際センター
2.場所:国立大学法人 山口大学 大学会館2階会議室
3.プログラム
 (1) 開会挨拶 山口大学丸本卓哉学長(13:00~13:10)
 (2) 問題提起 (13:10~15:00)
   ・国際公共財としての大学の知:埼玉大学 丹呉圭一教授
   ・国際協力への大学の参画について:JICA人間開発部 渡辺雅人次長
   ・JICAボランティア事業と大学:JICA青年海外協力隊 笹館孝一次長
   ・質疑応答
           休 憩 (15:00~15:20)
 (3) パネル・ディスカッション「JICAから見た大学、大学から見たJICA」
    (15:15~16:30)
   司会:山口大学経済学部 今津武教授
   パネリスト:JICA人間開発部 渡辺雅人次長
         JICA青年海外協力隊 笹館孝一次長
         埼玉大学国際開発教育センター長 丹呉圭一教授
         広島国際学院大学 石坂広樹准教授
         山口大学農学部 宇佐見晃一教授
   コメンテーター:(財)交流協会 畠中篤理事長(山口大学学長特別顧問)
 (4) 全体討議 (16:30~17:00)
 

エイズ・アウェアネス・コンサート

 投稿者:imazu(顧問)メール  投稿日:2008年12月 8日(月)11時54分30秒
返信・引用 編集済
  12月3日のエイズ・アウェアネス・コンサートでは、メンバーの皆さんの協力有り難うございました。
世界銀行のメルマガに次の記事が掲載されました。
ホームページにはいると山口大学でのコンサートの報告もあります。写真もありますから一度見てみてください。他の会場とも比較できますよ。

<世界銀行メルマガ記事>
12月1日は世界エイズデーです

HIVエイズの拡大へ注意喚起を呼びかける世界エイズデーが始まって今年で
20年目を迎えました。

現在、HIV感染者は約3300万人に達しています。世界エイズデーや12月3日~
7日にセネガルで開催される「アフリカのエイズ・性感染症に関する国際会議」の
ようなイベントは、「世界各地でエイズと闘っている人々にとってきわめて重要」だと、
世界銀行アフリカ地域担当チーフエコノミストのシャンタ・デヴァラジャンは語っています。

ストーリーの全文は以下をご覧ください。
http://go.worldbank.org/9FBB20EZJ0
アフリカのエイズ・性感染症に関する国際会議(英語)
http://www.icasadakar2008.org/en.php

レッド・シューズ・ファンデーション、国連大学、世界銀行は11月30日から12月
3日にかけて、「エイズ・アウェアネス・コンサート2008~愛する人のことを考え
ました」を東京、名古屋、京都、山口で開催しました。
http://go.worldbank.org/VXCDKUQ6K0
11月30日 東京 国連大学ウ・タント国際会議場
http://go.worldbank.org/MF57F5F200
12月1日 名古屋 中京大学
http://go.worldbank.org/ANT53M7E60
12月2日 京都 立命館大学
http://go.worldbank.org/83BMMB4QB0
12月3日 山口 山口大学
http://go.worldbank.org/LA00744PI0

レッド・シューズ・ファンデーション
http://www.redshoesf.com/

世界銀行東京開発ラーニングセンターは、ウガンダのエイズ孤児が日本の
アーティストと出会い、アーティスト自身も学びながら、ともに作品を作り上げて
いくテレビ会議ワークショップ Orphan Meets Artist/Artist Meets Orphans
を立ち上げています。詳細は以下をご覧ください。
http://go.worldbank.org/X3NIZZY5H0
 

(無題)

 投稿者:藤郁子  投稿日:2008年11月 5日(水)13時35分38秒
返信・引用
  メーリングリストで紹介したように、スタディーツアーの詳細を載せておきます!
質問・申込などは私まで♪

===============================

アステ アステ~バングラディッシュを知る国際協力の会~

1.目的
 バングラディッシュのキンダーガーテン(幼稚園、小学校)との交流、そしてそこに住む人との交流を通じ、バングラディッシュ農村部における教育の現状を自分自身の目で確かめ、バングラディッシュが抱える問題を自分の問題としてとらえ、草の根の国際協力の活動へとつなげること。

2.実施内容
○キンダーガーテンとの共同プロジェクトへの参加
 ・事前勉強会と、絵本のベンガル語翻訳作業
 ・キンダーガーテンでの絵本贈呈
 ・キンダーガーテンでの読み聞かせ会
 ・キンダーガーテンの生徒、教師、保護者との交流
○バングラディッシュ農業大学とバングラディッシュ農村開発研究所の訪問
○ダンガイル県ドッキンチャムリア村の農村文庫の見学
○手工芸品ショールームの見学
 ・ノクシカタ(刺繍)製品生産者との交流
○農村でのホームステイ(希望者のみ)
 ・農村の暮らしを体感
○縫製工場の見学
○その他(オプション)
 ・クミラ郊外の仏教遺跡(マイナマティ)の見学
 ・クミラ市内、ダッカ市内のバザール見学

3.日程
 2009年2月27日~3月7日

4.費用
 約18万円
 (航空運賃、宿泊費、バングラディッシュ国内移動費、日程表に記載の食事代、現地プログラムにかかる費用を含む。)
 

12月3日(水)エイズ・アウェアネス・コンサート☆

 投稿者:YICAメール  投稿日:2008年10月24日(金)16時13分59秒
返信・引用
   12月3日(水)山口大学会館にて、Red Shoues Foundation(注1)と山口大学主催で『エイズ・アウェアネス・コンサート』を開催するそうです☆
今回はそのイベントの実行委員として、サークルYICAから20名ほど募集します☆

 以下、企画書です。

  山口大学「エイズ・アウェアネス・コンサート」企画書
1. 趣旨:エイズは結核、マラリアと並ぶ世界の「三大感染症」で、国連の「ミレニアム開発報告書(The Millennium Development Goals Report)2007」によると、2006年のエイズによる死亡者数は290万人、新規感染者数は430万人、2006年末時点での感染者数は3950万人とされています。このようにエイズは死に至る確率の高い感染症であるばかりか、特にアフリカを中心とする開発途上国ではエイズにより両親を亡くし、また学校の先生が亡くなるなど子供達の未来に大きな不安を招いています。エイズ感染者に対する差別や蔑視も大きな社会問題になっています。12月1日の「国際エイズ・デー」に連携して、世界のエイズの現状やエイズ予防の重要性を、学生を含む多くの市民の方に知ってもらう事を目的として企画します。
2. 企画内容:エイズについての医学的知識や世界のエイズ蔓延の現状に関する講演、エイズ蔓延防止の活動を続ける関係者によるミニ・シンポジウム、アウェアネスのためのジャズコンサート(詳細は別添「プログラム案」の通り)
3. 出演者:
(1) 講演:山口大学医学部を初めエイズの医学的研究や予防対策に携わる専門家
(2) ミニ・シンポジウム:世界銀行等途上国のエイズ予防に関わる援助機関、エイズ予防やエイズ・アウェアネスに関わる行政機関、市民団体
(3) ジャズコンサート:中村照夫&ライジング・サン(注2)
4. 主催者等(予定):
(1) 主催:Red Shoes Foundation(注1)、山口大学
(2) 共催:世界銀行、国連大学
(3) 後援:国際交流基金、エイズ予防財団
5. 日時・場所(予定):2008年12月3日(月)18時から21時15分、山口大学 大学会館

6.  山口大学「エイズ・アウェアネス・コンサート」プログラム(案)
会場:山口大学 大学会館

① 開場:17:30
② 開会挨拶:18:00-18:10
     山口大学学長 丸本卓也
③ 講演:18:10-18:45
エイズという病気とその予防・・・専門家
④ ミニ・シンポジウム「世界のエイズ、今」:18:50-19:30
司会:山口大学経済学部 今津教授
(パネリスト)
(1) 講演者
(2) 世界銀行・大森功一広報官
(3) Red Shoes Foundation・中村照夫
(4) エイズ関係者(マスコミ、行政、市民団体から人選)
(休憩)
⑤ アウェアネス・ジャズ・コンサート:19:45-21:15
演奏:中村照夫&ライジング・サン
⑥ 閉会:21:15


(注1)Red Shoes Foundation(レッドシューズ・ファンデーション)
ニューヨークを拠点に第一線で活躍するジャズ・ベーシスト・中村照夫が、大切な友人やその家族、芸術の先駆者達がHIV/に感染し、亡くなるのを目にし、多くの人にこの悲惨なエイズの問題を気づいてもらう(アウェアネス)ために始めた(1996年)ジャズコンサートがきっかけとなり、この活動に賛同する有志の仲間と2002年に設立した非営利任意団体です。
毎年ニューヨーク、日本でのアウェアネス・コンサートを続けており、今年で13年目になります。昨年からはこのアウェアネス・コンサートを国連大学校、世界銀行とも共催するようになりました。
(注2) 中村照夫&ライジング・サン
  1942年東京に生まれ22才で渡米し、ハーレムの巨人達からジャズの心を学んだ中村照夫が、70年代後半に結成したジャズ・バンドで、”Manhattan Special”などがビルボード誌のジャズ・チャートでトップ10入りするなど実績がある。中村氏は第24回南里文夫賞を受賞している
・現在のメンバー
 Bass:中村照夫(リーダー)
Sax & Flute:ジェイ・ロドリゲス
 Guitar:ビル・ウォッシャー
 Drum:マリック・ワシントン
 Vibraphone:ビル・ウェアー
 Engineer & Guitar:ジョー・バーガー
 

告知

 投稿者:衛藤さき  投稿日:2008年10月 6日(月)15時52分52秒
返信・引用
  日時:10月17、18、31日
場所:山口県教育会館
内容:「食」から世界を考える映画特集
フェアトレードコーヒーの試飲、ミニトーク、アフリカの写真、民族衣装展示な


17日
【おいしいコーヒーの真実】11:00~
【ファーストフード・ネイション】13:30~
【おいしいコーヒーの真実】16:30~
【ファーストフード・ネイション】19:00~

18日【ファーストフード・ネイション】10:30~
【おいしいコーヒーの真実】13:30~
   【講演会】15:30~16:10
【ファーストフード・ネイション】16:30~
【おいしいコーヒーの真実】19:00~

31日
【いのちの食べ方】10:30~
                  13:00~
                  16:30~
                  19:00~
主催:西京シネクラブ

映画の前売り券発売中→ウペポ(ベスト電器前にあるアフリカ雑貨屋)で学生は1000
円で買えます!!
当日券は1500円です!

講演会は「いま何を食べるべきかー偽装の時代を生き延びるために」講師:安渓遊地氏
ミニトークは「フェアトレードってなんだろう」講師:高見早苗氏(18日「コーヒーの真実」の上映前にあります)


何か質問などありましたら連絡ください!!
 

ポスター作り☆

 投稿者:YICAメール  投稿日:2008年 9月 7日(日)04時17分5秒
返信・引用
  STAND UP and TAKE ACTION
10/17 Fri
開場 17:30 開会 18:00 閉会 20:00
場所 山口大学会館
【主催】YICA(Yamadai International Cooperation Association)

以上がポスターに載せてほしい情報です。

イベントの詳しい内容は5日の集まりで配ったプリントのとおりです。もらっていない人はポスター作成作業が始まったときにお渡しします。ちなみに掲示板の「10月17日☆」のところでも紹介していますょ。


ポスターのサイズですが、A4サイズから募集しています。できればB5サイズのものが、どこでも掲示しやすいのでほしいです☆よろしくお願いします☆

質問などがありましたら遠慮なく連絡ください☆
 

TVセミナー

 投稿者:imazu(顧問)メール  投稿日:2008年 8月28日(木)12時11分37秒
返信・引用
  9月5日(金)に次の世界銀行テレビ会議セミナーが開催される予定です。使用言語は英語ですが、分かっても分からなくても参加してみては如何ですか?

セミナー「食糧危機と農業研究の役割」
世界各地に15の農業研究センターを擁するCGIARの事務局長の来日にあたって開催するもの。たとえばアフリカの農業で脚光をあびたネリカ稲は、この研究センターの一つ「WARDA(アフリカ米センター)」がJICAなどと協力して開発を進めたものです。CGIARについては、http://www.cgiar.org/languages/lang-japanese.html をご覧ください。
日時 9月5日(金)午後4時~5時30分
スピーカー レン・ワン国際農業研究協議グループ(CGIAR)事務局長
 

レンタル掲示板
/7