teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1.  ☆ 注目!!! ≪ドイツ・日本修好150年記念≫チャリチィー公演の御案内!!!(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


小さなクリスマスコンサート

 投稿者:ときわ平少年少女合唱団  投稿日:2008年12月20日(土)11時07分23秒
編集済
  12月20日午後4時開演 常盤平市民センターホール 入場無料

とっても小さなコンサート。

ちょっと覗いてみませんか?

http://homepage2.nifty.com/t-junior

 
 

ラルフ・ヴァイケルト指揮東京交響楽団in ICHIKAWA

 投稿者:中塚博則メール  投稿日:2008年10月26日(日)19時24分9秒
  ラルフ・ヴァイケルト指揮東京交響楽団in ICHIKAWA

ヨーロッパオペラ界の名匠、ラルフ・ヴァイケルトが市川で指揮するまたとないコンサート。実力派のベテランと期待の新人が歌い上げる名曲の数々。オペラを知り尽くした名匠、ベテランと明日をになう充実のソリスト、オーケストラでお贈りする、こだわりのプログラム。若杉弘氏が市川のために考えたプログラムですが、「急性膵炎」のため入院加療中のため、ヴァイケルト氏が状況考慮して、引き受けてくださいました。快活なモーツァルトの交響曲とオペレッタの天才、オッヘンバック最後の傑作、ヨハン・シュトラウスⅡ世の傑作を取り上げます。
是非、お聴きください。今までに無い経験が得られることでしょう。

日時:2008年11月15日(土)開演15:00 終演予定17:10
会場:市川市文化会館 大ホール(千葉県市川市本八幡駅8分)
出演:指揮  =ラルフ・ヴァイケルト
   ソプラノ1=アデーレ、オランピア          天羽明恵
   ソプラノ2=ロザリンデ、アントニア、ジュリエッタ  大隅智佳子
   メゾ・ソプラノ=オルロフスキー、ニクラウス     森山京子
   テノール =アイゼンシュタイン、ホフマン      土崎 譲
   バリトン =ファルケ、ダッペルトウット       与那城 敬
   管弦楽=東京交響楽団
   合唱 =東響コーラス
   合唱指揮=山神健志

曲目: ①モーツァルト:交響曲第29番イ長調K.201  ②オッヘンバック:歌劇「ホフマン物語」より酒場の合唱 ③ホフマンのアリア「クラインザックの歌」④オランピアのアリアと合唱「森の小鳥は憧れを歌う」⑤アントニアのアリア「小鳥は逃げた」⑥アントニアとホフマンの二重唱「愛の歌が」⑦鏡の歌「まわれ、まわれ、雲雀を捕らえる鏡の罠よ!」⑧舟歌⑨酒場の合唱  モーツァルト:⑩交響曲第32番ト長調K.318⑪ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」より開幕の合唱「夜会は招く」⑫アデーレのアリア「侯爵様、あなたのようなお方は」⑬ロザリンデのチャルダッシュ「ふるさとのしらべよ」⑭アイゼンシュタインとファルケの二重唱「夜会へ行こう」⑮アイゼンシュタイン、アデーレ、ロザリンデの三重唱「一週間もただひとりで」⑯オルロフスキーのアリア「お客を呼ぶのは私の趣味で」⑰シャンパンの合唱「葡萄酒の燃える流れに」

入場料:S席 6,000円 A席 4,500円 B席 3,000円

お求めは、市川市文化会館 047-379-5111
Tokyo Symphonyチケットセンター 044-520-1511

ラルフ・ヴァイケルト

ラルフ・ヴァイケルトはオーストリアのザンクト・フロリアンに生まれ、リンツのブルックナー音楽学校で最初の音楽教育を受けた。その後、著名なハンス・スワロフスキー教授のもと、ウィーン音楽アカデミーを修了した。
1965年には、コペンハーゲンの「ニコライ・マルコ・コンクール」で最優秀賞を受賞。翌年には、オーストリアの文化大臣から「モーツァルト解釈賞」を授与された。1975年にはカール・ベーム自身から「カール・ベーム賞」を贈られた。
1977年までボン歌劇場の音楽監督を務めた後、フランクフルト歌劇場で総音楽監督に任命され、1981年には、サルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団および州立歌劇場の主席指揮者になった。
1974年にはウィーン国立歌劇場で、1975年にはハンブルク国立歌劇場でのデビューを果たした。1979年にはベルリン・ドイツ・オペラで公演し、1981年からミュンヘンのバイエルン国立歌劇場で、1987年からはニューヨークのメトロポリタン歌劇場、そして1997年からサンフランシスコ・オペラでの公演が続いた。
1971年以来、サルツブルグ・フェスティバル、エクサン・プロヴァンス・フェスティバル、ブレゲンツ・フェスティバルに定期的に出演し、1987年以来アレーナ・ディ・ヴェローナにも定期的に出演している。ヨーロッパとアメリカでは彼の指揮の下でラジオやテレビ収録された他に、オペラやコンサートのレパートリーの多くがLPおよびCDに録音されている。彼は自身のレコーディングによって、「エコー・クラシック2005」などの幾つかの賞を受賞した。
1983年から1992年まで、チューリヒ歌劇場の音楽監督を務めた。
その後、フリーの指揮者となり、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ハンブルクおよびドレスデンの他、フィンランド国立歌劇場で定期的に客演している。ゲスト指揮者としては、多くの世界的に著名なオーケストラ、例えばベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団、NHK交響楽団、イギリス室内管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、北ドイツ放送交響楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団などで指揮した。
2004/05年のシーズンには、フィンランド国立歌劇場で「ニーベルングの指環」チクルス上演を2度指揮し、05/06年にはヘルシンキで「アラベラ」、「サロメ」と「後宮からの逃走」を指揮し、チューリヒ歌劇場では「魔笛」、「セビリャの理髪師」と「マリア・ストゥアルダ」を、ドレスデン国立歌劇場では「アルジェのイタリア女」を、セビリアではマスネの「マノン」を、ヴェルスのワーグナー・フェスティバルでは「さまよえるオランダ人」の他、ハンブルクでは「カルメン」を指揮した。
更に、05/06年にはハンブルク、ハノーバー、ザグレブ、ベオグラード、北京などで様々なオーケストラと数多くのコンサートを行った。06/07年には、ヨーロッパ10都市でのコンサートの指揮の他、ヘルシンキでは「フィデリオ」、ハンブルクとミュンヘンなどでは「ナブッコ」を指揮。ベルリン・ドイツ・オペラでは「イドメネオ」を指揮し、今後は再び定期的にチューリヒで幾つかのオペラ作品を指揮する予定である。

http://www.tekona.net/bunkakaikan/index.php

 

クラシカル ア・カペラ アンサンブル CAPPELLATTE

 投稿者:B-flatメール  投稿日:2008年10月10日(金)16時47分56秒
  <CAPPELLATTE Great Heritage Concert series Vo.1>
Three Voices ~  祈り 空より遠く 願い 大地より深く ~

神秘のハーモニーと絶賛されている クラシカル ア・カペラ アンサンブル CAPPELLATTE<カペラッテ> が 歴史的建造物で歌うシリーズ第1弾!


[開催日時] 2008年11月8日(土)14:00開演(13:30開場)
[会 場]  さや堂ホール<千葉市美術館内>(JR千葉駅東口 徒歩15分)
[出 演]  CAPPELLATTE(カペラッテ)
[料 金]  全席自由 2,500円
[演奏予定曲]
天使が おとめのもとに / 喜びたまえ / 今日 子どもらの声が響きわたる /アヴェ・マリア / グレゴリオ聖歌~オリジナル / てぃんさぐぬ花 / 江戸の子守唄 / 椰子の実 / 星めぐりの歌 / secret songs / 風がはこんでくれたもの  ほか

※演奏曲目は変更になる場合がございます

[主催] B-flat Music Produce
[後援] 千葉市
[チケット予約]
ビーフラット・ミュージックプロデュース 03-6908-8977
インターネット24時間チケット予約受付 http://www.bflat-mp.com
[お問合せ]ビーフラット・ミュージックプロデュース 03-6908-8977

CAPPELLATTE ホームページ http://www.cappellatte.com

http://www.bflat-mp.com/Ci/1108.html

 

「コール・モア コンサート」のお礼

 投稿者:女声合唱団 コール・モア 池田メール  投稿日:2008年10月 7日(火)10時53分37秒
  10月5日(日)森のホール小ホールにて開催しましたコンサートには大勢のお客様のご来場ありがとうございました。
会場の皆様の温かいご声援を賜り、楽しいコンサートが開催出来ましたこと、団員一同心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

満員御礼、感動のフィナーレ

 投稿者:朝倉浩之  投稿日:2008年 9月17日(水)06時55分32秒
  14日、森のホールで開催しました「松戸混声合唱団第13回定期演奏会」は1階から3階まで、すべて満席となりました。
ご来場いただきました皆様に厚くお礼申しあげます。
駐車場の関係で一部の方々がご入場いただけなかったこと、深くお詫びいたします。

今週からフォーレ「レクイエム」とオペレッタ合唱曲に取り組みます。
次回の演奏会にもお出でいただけますよう頑張ります。
 

「STEVE DOBROGOSZS展」開催のお知らせ

 投稿者:葛飾区民合唱団メール  投稿日:2008年 9月15日(月)21時54分20秒
  葛飾区民合唱団と申します。突然の書込みで失礼致します。
スウェーデン在住、ジャズピアニスト&作曲家ドブロゴス氏をゲストに、開催いたします「STEVE DOBROGOSZ展」を、下記の通りご案内させて戴きます。
この書込みが不適切な場合は、お手数でも削除をお願いいたします。

=======================================
「STEVE DOBROGOSZ 展」
=======================================
2008年10.19(日) 開演14:00 開場13:30
かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール
一般2000円 学生1500円 全席自由

■ゲスト:スティーヴ・ドブロゴス
(演奏曲は*で表示しています。)
■指揮:外山浩爾・藤井 正
■ピアノ:藤井亜紀
■コントラバス:上田 淳
■ハンドドラム:高木将雄
■弦楽オーケストラ:東京フォルトゥーナ・アンサンブル

プログラム
○「choir songs-vol.1」より
  Communio ・ Gloria In Excelsis ・ Lux Aeterna
○「ZAKURO(ざくろ)」 詩:星野富弘
  日日草・秋のあじさい・ざくろ・いのち・コスモス
○Sonatina「Aisuru」(2008) 世界初演*
  「Down South」 for four hands
○「Mass」 for choir, string orchestra and piano
    Introitus・Kyrie・Gloria・Credo・Sanctus・Agnus Dei

後 援  スウェーデン大使館 葛飾区 葛飾区教育委員会 葛飾区合唱連盟
協 賛  葛飾ガス住宅設備機器株式会社(エネスタ葛飾東)

※チケット購入とお問合せは・・・ kkc_ticket2008@yahoo.co.jp
◎お陰様で、チケットも残りわずかとなっております。お問合せご購入はお早めにお願いいたします。

http://www2.odn.ne.jp/kkc/

 

松戸混声合唱団です

 投稿者:朝倉  投稿日:2008年 9月 5日(金)10時47分31秒
  下記の演奏会案内で、入力ミスで開催日の記載がもれていました。
「日程は、9月14日(日)午後2時」です。
 

松戸混声合唱団第13回定期演奏会のご案内

 投稿者:朝倉  投稿日:2008年 9月 3日(水)21時35分41秒
  ◆松戸混声合唱団第13回定期演奏会
  開演:  14時(開場13時30分)
  会場:  森のホール21(千葉県松戸市)
  入場料:  1500円
  指揮:横山和彦
  独唱:S嶋崎裕美、A木下泰子、T小林大作、B須山智文
 管弦楽:チャーッピーフィルハーモニーオーケストラ
 演奏曲:
 第1部:モーツァルト「雀のミサ」
 第2部:シューベルト「ミサ第3番」
 第3部:ようこそ!ミュージカルの世界へ
    「キャッツ」「オペラ座の怪人」「屋根の上のバイオリン弾き」「サウンド・オブ・  ミュージック」「ラマンチャの男」「南太平洋」「マイ・フェア・レディ」
  問い合わせ先:
  朝倉浩之
  電話:047-343-0573
  Mail:  hr.s1992-msc@nifty.com
  合唱団HomePage:  http://www.geocities.jp/matukon_hp/

 ♪合唱の大曲をオーケストラと、第一線で活躍されるソリストとの共演で演奏します。  シューベルトの「ミサ3番」は、演奏機会が少ない作品です。
  ミュージカルは、昨年度日本音楽コンクール作曲部門第1位の稲森安太己の委嘱編曲  による初演です。
  ぜひお出かけください。
 

コール・モア コンサートのご案内

 投稿者:女声合唱団 コール・モア 池田メール  投稿日:2008年 8月27日(水)11時26分3秒
編集済
  酷暑もやわらぎ、朝夕は漸くしのぎやすくなってまいりました。
私どもは、地元の松戸市小金小学校PTAから発足し、飯野淳也先生、田上薫ヴォイストレーナーの指導のもと、20年あまり活動を続けている合唱団です。
昨年は、映画「歓喜の歌」の撮影にも、ママさんコーラスのメンバーとして出演し、貴重な体験をさせていただきました。
さて、この度、3年ぶりに「コール・モア コンサート」を開催します。今回は、ピアニストの山本晴美さんとともに、ショパンのピアノ協奏曲をアレンジした「ショパンのロマンス」に挑戦します。ショパンの甘美なメロディーに乗せて、私たちの合唱がオーケストラを奏でることが出来るでしょうか。目下、練習も最後の追い込みに入りました。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。

日時:2008年10月5日(日)13:30開場 14:00開演(入場無料)

会場:森のホール21 小ホール

指揮:飯野淳也・田上薫    ピアノ:山本晴美

曲目:童声(女声)合唱組曲「うちゅうとこころがひびきあうとき」
   ピアノと女声のための「ショパンのロマンス」
   民謡を合唱曲として「お江戸日本橋」他
 

【日本を代表する、最高の声楽家の方々と、最高の・本物のマタイ受難曲をご一緒に歌いませんか!!】

 投稿者:グレイス合唱団  投稿日:2008年 8月19日(火)14時10分23秒
  『グレイス合唱団』(東京・新宿)と申します。 私共では、日本の声楽界を代表する、最高の、素晴らしい方々と、J.S.バッハの【マタイ受難曲】を歌います!! これだけの声楽家が一堂に集う事は、メッタと無いと存じます!! 合唱団員の募集、あと50名、もう少しです!!
是非、皆様とご一緒に、素晴らしいマタイを歌いたいと思います。練習会場が松戸から少し遠いのが難点ですが…奮ってご参加下さい!! お待ち致します。

《公演》1.公演日:2009(平成21)年4月25日(土) 午後開演
     2.公演会場:東京芸術劇場・大ホール

《後援団体》 ドイツ連邦共和国大使館、日本国際飢餓対策機構、東南アジア文化友好協会、キリスト教系各紙

《主な出演者と略歴》…ホームページ(団長挨拶の中程以下)でご覧下さい! 日本の声楽界を代表する、最高の超素晴らしい方々です!!

※PS。収益金は日本国際飢餓対策機構等を通じ世界中の飢えに苦しむ人々への食料支援等に捧げます。

PS.練習日程・場所、会費・参加費他、詳細もホームページでご確認下さい。

http://www2.ttcn.ne.jp/~grace/Grace-Choir-Wanted.htm

 

レンタル掲示板
/9