teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


見たよ!

 投稿者:安西 浩  投稿日:2013年10月30日(水)17時45分18秒
  kzys旅人さんへ
   見ましたよ
 
 

ぐるり「能登半島」

 投稿者:奈良のピンボケ  投稿日:2012年12月17日(月)20時16分45秒
  楽しかったことでしょう「能登半島一周旅行」。
「休暇村 千里浜海岸」の松林の夜明けの画像。よろしいね。素晴らしい!。
この松林の海岸も素敵ですが、「休暇村 能登千里浜」のかけ流し湯「なみなみの湯」も
快適で、お気に入り。何度行っても満足します。

「千枚田」は時季がはずれて、旅人kzysさんとしては残念だったことでしょう。
最適期なら、ご自慢の画像が撮れたのにねぇ・・・・。
禄剛崎の標識に「釜山へ」とあるのは、さすが土地柄ですね。
昔はこの地と、朝鮮半島との間を、文物が往来したのでしょうね。

素人のくせに生意気な!とお叱りを受けるのを覚悟で申し上げるが、最初の滝から始まる
4枚を含めて、能登半島の画像が、少し色調が「暗い」感じがします。
2,3か月前から気になっているのですが、いかがなものでしょうか?。ゴメン。
 

写真教室

 投稿者:奈良のピンボケ  投稿日:2012年11月15日(木)23時01分39秒
  スライドショー1枚目の、京都植物園の花画像がよろしいね。
バックを暗く、うしろボケにして、可愛い花と葉のバランスがとれていて
パンチがありますよ。

旅人kzysさんは、いくつかの写真教室に参加をしているようですが、その
教室の先生による指導は、ご自分の撮影、制作に大きな影響を受けていますか?。
また、同じ教室に参加している他の人たちとは、無意識に競争しながら、お互いに
批評や、反省をするのでしょうが、それがいつの間にかご自分の技量向上につながって
いるのでしょうね。

写真教室の場合、或るテーマを与えられて各分野の写真を撮るのでしょうが、旅人kzysさんの
キャリアを生かして、オールラウンドプレーヤーではなく、そろそろ或る分野に特化して、
この分野なら旅人kzysさんにはかんわないね、という段階にきているのではありませんか?
旅人kzysのファンの一人として、強くそれを望みます。
 

21世紀の中国

 投稿者:奈良のピンボケ  投稿日:2012年 8月 3日(金)18時41分10秒
  この掲示板に、毎回真面目にユニークな書き込みをしていた「鈍角さん」の訃報を聞いて、誠に
残念なことであり、寂しくなったなぁと、彼の突然の他界を悔やんでおります。  合掌。

旅人kzysさんが中国へ行ったのが「上海万博」前でしたね。 その後もバブル真っ最中で、銀座
などで高級品漁りをしている中国人をTVなどで見ました。 現在はどうやらバブルがはじけかけているようで、勢いが鈍化しているようですが、それでも21世紀は「中国の時代」と言われるように、底力をつけていますね。 旅人kzysさんの写真にもあるように、大変古い歴史と伝統のある文化、文物がある反面ちょいと裏町や、田舎のほうへ行くと、都市の中心とは落差の大きい、時代遅れの光景になっていますね。

古代から世界の中心は「中国」であるという「中華思想」で、周囲の国々を「上から目線」で見てきたこの国。果たして21世紀の、世界のリーダーになるのでしょうか?。中国旅行をして、その空気に触れてきた旅人kzysさんはどう感じますか?。
 

モンスター

 投稿者:おちょぼ口  投稿日:2012年 7月 4日(水)00時17分23秒
編集済
   写真を撮るだけの為に わざわざ 関西から磐梯山まで 2月の寒い中を行くかと 呆れている。それに 7月号の話題としては 暑気払にはなるかと 思うが 聊か季節はづれと思うが・・・・・。ま、お付き合いして・・・・。
 その昔 独身の頃 志賀高原横手山に スキーツアー方々 モンスターや エビの尻尾を写真に収めた事が思い出されました。でも 私の記憶では3月下旬では なかったかと思う。スキーツアーに行くには 天候が安定して 空をうまく取り込める 3月下旬から5月一杯が良好と記憶している。後は運ですけどね。当時は フイルム写真で 貴方には 馬鹿にされそうだけど もっぱら 白黒写真でしたけどね。
 スキー場の写真を見ると どうも 皆さん ボードをしているようですね。今は スキーは廃れたのですかね。最近は 全く スキー場に足を運んでいないので すっかり 昔人間になってしまたようですね。
 

カメラの時計合わせ

 投稿者:おちょぼ口  投稿日:2012年 7月 3日(火)14時25分4秒
   私の時計は今日も 電波で補正されて 正確に時を刻んでおります。カメラの時計は一昨日に補正しましたか。一昨日は一日の長さが24時間より長かったのですよ。  

季節外れの サクラ

 投稿者:おちょぼ口  投稿日:2012年 7月 2日(月)01時23分55秒
編集済
    その昔 戦後10年余り 昭和も35年ごろ 物に不自由することもなくなった頃。国鉄京橋駅から京阪京橋駅に通じる環状線の土手下の道は 右手に 一杯飲み屋や 一膳飯屋 雑貨店などが軒を連ね裸電球が黄金色の光を道に投げかけていた。左の 環状線の土手下には 電柱の街灯が いくつか丸く光の輪を作っていた。
 その光の輪を頼りに露店が並んでいた。その一角に 大道棋の屋台があった。一見 十手位で詰みそうである。棋譜を覚えて 少し離れて 書留。再び 覗き込み確認して 修正。寮に帰って 将棋盤に駒を並べ シートナンバーに 棋譜を書きながら 詰めてゆく。紛れ手のある所は印を入れ 一段落すると 紛れ手から枝別れした手を詰めてゆく。一件片付けるのに一週間ぐらい懸かる。
 棋譜は毎日変わるようである。楽しみにして 同じ様に 何件か書き取って詰めてみたがいずれも25手から50手ぐらい懸かる。腕に覚えのある男が挑戦するが、ついぞ詰ませることはなく 掛け金をまきあげられる。5から10手で逃げられてしまう。升田王将は教修生時代,生活費を賭け将棋で稼いでいたそうである。やんぬるかと思う。
  何時ものように 棋譜を書き取っていると 10手余りで賞品を勝ち取って行く奴がいた。見た目には如何にも見栄えのしない労働者風な男である。書き取った棋譜を 例によって 詰めてみると35手余り懸かる。どうも 考えてみるに 彼の男は サクラだったのだと思いあたったのである。
   最近は 昔のような露店も 大道棋も全く見かけなくなった。昭和の懐かしい化石なのかもしれない。
  蒸し暑い 夏の一夜の懐かしい思い出である。今は京橋駅に 行くこともなくなったが 今も懐かしい駅である。
 

東京 荒川堤の桜

 投稿者:奈良のピンボケ  投稿日:2012年 5月16日(水)23時23分19秒
  現在「桜」の品種は600種以上といわれていますが、旅人kzysさんは今迄そのうち、何種類くらい撮っていますか?。
江戸時代には既に250種くらいがあったそうです。
現在の品種でも、東京の荒川堤の桜を品種改良したものが多いですね。モノの本によると、明治時代の荒川の堤防改修工事の際、
ありふれた「ソメイヨシノ」ではなく、サトザクラ類を多く植えたらしい。
この先人の努力のおかげで、その後園芸品種が数多く生まれたんですね。

私も、ソメイヨシノよりも、山中に一本咲いている「山桜」が好きです。
また、サトザクラでは「御衣黄」が好きで、この「御衣黄」を植えてある所を訪ねて歩きたいと思っています。
旅の好きな旅人kzysさん、多くの桜の画像を撮っておられますが、「御衣黄」の咲いている場所と、その画像を是非見せて下さい。
 

花尽くし

 投稿者:鈍 角  投稿日:2012年 4月24日(火)21時10分2秒
編集済
    今年は異常気候に見舞われ花巡りが大変でしたね。

梅・桜の開花が其々2週簡遅れ、旅人kzysさんのブログ、3月と4月を入れ換えながら楽しませ戴きました。

やはり花は、気候と作品が合わないとピント来ませんね。

写真展出品作品9点の力作流石ですね!!色々勉強に成りました。

風薫る5月、清々しい作品を楽しみにして居ります。
 

雪尽くし

 投稿者:鈍 角  投稿日:2012年 2月27日(月)21時19分50秒
   この寒さ何とか成りまへんか! 懐の寒い小生にとりましてはもろにこたえます。

ここ数年暖冬が繼いていたので尚更さらです。H18年以来の大豪雪とか・・・

旅人kzysさんがH22年1月に滋賀県マキノ町在原集落の雪景色を撮影された時は、雪が少なく雪を求めて悪戦苦闘為されたとの由、嘘の様な話ですね!!

 もしかして、1月25日に天満宮に参拝され「鷽替え神事」で拝受された御札に「H22年に雪景色を撮影するに当り、雪を求めて難渋した事が嘘に成り、今年

は豪雪風景が楽くに撮れます様に!」と願を掛けられたのでは!!

 3月期の作品は是非雪景色を満喫させて下さい。

本掲示板にも雪を降らせましょう。

 淡雪・帷子雪・小米雪・粉雪・細雪・白雪・牡丹雪・綿雪・べた雪・どか雪・よこ雪・里雪・・・・・

ご一同様、厳寒の砌、ご自愛下さいます様に。
 

レンタル掲示板
/30