teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


祖父は九州の…

 投稿者:静岡の桑野  投稿日:2018年 2月 9日(金)03時36分41秒
  私は現在はひとり東京在住ですが、静岡で生まれ育った桑野と申します。
静岡でも東京でも桑野という名前の方と知り合うことが少なく珍しいと言われるのできになって調べていたところ、こちらにたどり着きました。 祖父は過去を多く語らずに他界してしまいましたので、今思うともっと聞いてみれば良かったと思います。
ただ、うっすら聞いていたのは、元々静岡ではなく九州のどこかの出身で、はっきり聞いた覚えはないのですが福岡だった気がします。
子供のころは家にお手伝いさんがいて運転手付きで学校に行くほどだったとか。
しかし、私の知る“おじいちゃん”からは想像もつきませんでしたし深くさぐることもしませんでした。祖父も戦争でとても苦労し戦後に家族かバラバラになったとか、それからのことは一切語ることはありませんでした。
調べていると何か繋がりそうなお興味深い話もございましたので、これからまた深くたどってみようと思います。
 
 

新ホームページ作成しました

 投稿者:管理人桑野  投稿日:2017年 2月11日(土)18時20分57秒
  この掲示板にこれまでたくさんの方々から情報を書き込んでいただいて、ほんとうに嬉しく思っています。そして、お返事が遅かったり情報をつなぐのが難しかったりと、私の力不足とともに掲示板とメールによる情報交換の限界も感じるようになりました。

現在のこのホームページも、作成してからはや10年以上経過しています。その間、ICT技術がより簡単に使えるようになってきました。そこで、より多くの方々と情報を確実に共有しつつ議論もできるようにしていきたいと思い立ち、新しいホームページを作成中しているところです。そちらでは、メールアドレスなどの情報を登録できるようにして、皆さん同士の交流もできるようにしていきたいと思っています。

新ホームページは、こちらです。

http://kuwano.club/

少しずつそちらへ情報を移して、そちらを中心に情報交換していければと考えています。これまでの書き込みもそちらにまとめてアップしています。これまで未解明な点を、そちらで解明していければと思っています。

どうぞよろしくお願いします。
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人桑野  投稿日:2017年 2月11日(土)18時06分58秒
  安徳の桑野の末裔さま、日田桑野家さま、kenkenさま、情報ありがとうございました。
日田の桑野氏はこれまでも何人かの方々にお会いしております。とても興味深い歴史がありますね。
安徳は中世には平家が落ち延びた原田氏のお城があったところですし裂田の溝という興味深い遺跡もありますね。これも興味深い歴史が見つかるかもしれませんね。

また御連絡いただけたらありがたいです。
 

はじめまして

 投稿者:kenken  投稿日:2017年 1月 8日(日)22時27分55秒
  はじじめまして
桑野ともうします

ばあちゃんが日田からとか、聞いたような・・
たまたま、ここにたどり着きました。
また、寄らせていただきます。

ちなみに私は現在福岡県です。


 

はじめまして

 投稿者:日田桑野家  投稿日:2016年11月 2日(水)16時22分8秒
  私の母は大分県日田市の桑野家の本家の出身です。
祖父の代までは日田に家があったのですが、今は某地に移住しております。
歴史的なルーツは詳しいことは何も知らないのですが、興味があったので調べているとここにたどり着きました。
祖父はすでに他界しているため、話を聞くことは出来ませんが、曽祖父の代までは大地主だったということは聞いております。
 

はじめまして

 投稿者:安徳の桑野の末裔  投稿日:2015年10月26日(月)11時11分46秒
  先日法事の席で、祖母の実家(福岡の安徳の桑野家)の話で盛上り、今の今までタブーとされていた為に聞くに聞けなかったことを自分なりに調べてみようと思いここにたどりつきました。

祖母から時折聞かされていたことも含め、記載してみようと思います。何かしらルーツに繋がれば幸いです。

祖母と祖母兄弟(腹違いの弟)から、聞かされたこと

戦前から戦時中、糸島から背振り山の麓まで、東は板付(福岡空港)の辺りまでの一帯の大地主だったこと、祖母は当時、安徳の姫様として崇められていたこと、多くの使用人と小作人の方々に守られ栄えていたこと、戦後アメリカ軍の農地改革で国からタダで全ての土地と財産を一方的に没収されたこと、その後の安徳の桑野家は地獄だったと聞かされました。
祖母は戦後すぐ私の祖父の元へ嫁ぎました。

現在、安徳の桑野家は祖母の弟ただ1人となり、弟は未婚の為、血筋が絶たれたといっても過言ではないと思います。
家系図には、9人兄弟の名前が書かれていますが、祖母の話で結婚できたのは祖母だけとのこと

私の知っている情報は以上です。桑野家のルーツに繋がれば嬉しいです。突然やってきて長々と大変失礼しました。
 

はじめまして

 投稿者:管理人桑野  投稿日:2015年 7月29日(水)21時06分36秒
  おほめいただきありがとうございます。最近は更新もできておらず、文藝春秋の記事も、取材先におつなぎできたことで満足してしまっております。鋭氏に関するいろんな新しい情報があり、重要な特集でしたね。さらに詳しい研究が待たれます。

鋭氏の兄弟姉妹につきましては、ご子孫の方から少し情報を頂戴しております。先方のお許しがあればおつなぎもできますので、HPにありますメールアドレスにご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
管理人桑野
 

はじめまして

 投稿者:福岡の桑野です。  投稿日:2015年 7月15日(水)23時05分9秒
  桑野家のルーツを求めていたところ、こちらに辿りつきました。
管理人様のとても詳細な調査に驚き、感激いたしました。

先月に出版されました『 文藝春秋7月号/桑野鋭傳育官の「肉筆日誌」』
を読み、改めて桑野家のルーツを詳しく調べてみようと、思いを新たにしたところです。
柳川でなく福岡の桑野でありますが、幼少期の昭和天皇のお姿と桑野鋭が一緒に写った
写真が当家に残されております。
写真の裏には「皇太子 学習院御通学 お姿 寫し」とあります。
しかしながら詳しい話が伝わっておりません。

せめて曽祖父の代(江戸末期~明治)の兄弟姉妹の情報があればと思いますが、
当家は福岡大空襲で家を焼かれ、菩提寺の過去帳も消失したため、明治以前を
辿ることができません。

桑野鋭氏の兄弟姉妹の情報があれば、もしかしたら繋がりもつかめるのでは?
と考えております。
もしどなたか情報をご存じの方がいらっしゃれば幸いです。

当家の情報でお役に立てるものがあればご提供したいと思いますが、消失したものが
多く、残されたものも僅かなのが残念です。
 

すっかりご無沙汰しております

 投稿者:管理人桑野  投稿日:2014年 1月13日(月)13時50分27秒
  あけましておめでとうございます。
昨年来、勤務場所と住居が変わり、ほとんど掲示板を見る余裕がありませんでした。
今年はまた少しずつ調べてみたいと思っています。
滋賀県の千住さま、桑野健次さま、呑舟さま、けにちろ~さま、母が桑野でした。さま、小郡の桑野ですさま、すぐに反応できずにすみませんでした。

参考にさせていただいて、確かな情報が得られましたら、更新していきたいと思います。詳しい情報がありましたら、
kahei55@yahoo.co.jp

のほうにメールでお知らせください。
よろしくお願いいたします。
 

家紋の訂正です

 投稿者:小郡の桑野です  投稿日:2014年 1月11日(土)16時35分55秒
  改めて見たところ、千切紋ではなく、千切菱でした。  

レンタル掲示板
/10